ピックアップセミナー

セラピストの為の『その日から結果が出る』臨床テクニック

 

7月16日(木)⇒ 詳しくはこちら
8月20日(木)⇒ 詳しくはこちら
9月17日(木)⇒ 詳しくはこちら

人生を楽しくするラフターヨガで一日を終えよう!
【ラフターヨガとは?】
ユーモア、ジョーク、コメディを使わず理由なしで誰でも笑うことが出来るユニークな健康法です。 まずはグループでエクササイズ(作り笑い)から始めます。アイコンタクトと子供のような遊び心を利用することで本物の笑いが生まれ、人から人へ伝染します。ラフターヨガの名は、笑うエクササイズとヨガの呼吸法を組み合わせたものに由来します。 呼吸法で酸素が体にも脳にも多く吸収され、活力と健康を実感できます。どちらの笑いからも生理学的、精神的効果が得られます。 ラフターヨガは1995年インドの内科医Dr.マダン・カタリアによって考案されました。最初はムンバイの公園でたった5人から始まりましたが、あっという間に広まり現在70カ国以上で定期的に活動しているラフターヨガクラブが多く存在しています。

【ラフターヨガを実践する3つの理由】
1.笑う事の効果を得るには10分〜15分続けて笑うことが必要です。ラフターヨガは笑いのエクササイズとして行うことで、長い時間続けて、好きなだけ笑うことが出来ます。日常の自然な笑いは2、3秒で終わってしまいますので、私たちの身体を変化させるのには十分ではありません。
2.健康的効果を得るためには、横隔膜からくる、お腹から深く大きな笑いではなければなりません。
3.日常生活で笑うには、いろいろな条件が必要だが、笑いたくなる理由はあまりありません。偶然に任せていれば笑うチャンスがなくなってしまいます。ラフターヨガは笑おうという意識を持ち積極的に笑うので、確実に笑いの健康効果を得ることが出来ます。

【ラフターヨガをして学ぶこと】
・理論を語るのではなく、経験するプログラム。
・エクササイズとして価値を理解し、活力、元気さ、快活さが1日中持続することを実感する。理由なく笑う方法を学ぶ。
・気分の状態をすぐに変える方法を学び、他者に接する態度が良い方向に変わる。どんな困難にでもポジティブな姿勢になる。
・ネガティブな感情を取り除き、職場での同僚たちや家族とより良い関係を築くための感情バランスをもたらす方法を学ぶ。
・それぞれがどのようにラフターヨガの知恵を取り入れて適用したらよいか理解する。

▼プロフィール
以前は、なぜか癒しを求めて会いに来てくれるお客様が多い販売員。趣味とダイエット目的で始めたヨガでしたが、心と身体に与える癒しと健康へ導く力に感動する。ヨガを深く学ぶこと決意。2010年ハワイヨガ留学、そこでラフターヨガを知る。帰国後、市内のラフターヨガクラブに通う。笑うことが楽しくて、日々の生活が充実していると実感する。笑いの素晴らしさを知るため、2011年インドにてラフターヨガ創始者から直接学び得る。その後、ラフターヨガクラブをはじめ、高齢者障がい者デイサービスや美容院スタッフ、病院スタッフへと多くの方へラフターヨガを伝えている。2013年再びインドへ再受講する。趣味は、ヨガ、笑う、歌う、踊ること。お菓子やパン作りも好き。mauiYoga主宰、全米ヨガインストラクターでもある。

○ 植木 昭憲先生